熱海の不動産事情




熱海の新たな街づくり

復活を後押しするように熱海市長には40代の若手、齋藤新市長が就任。
温泉を中心に、観光客の目線にたった快適な街づくりを推進するとしています。

<熱海の海からの絶景>


また、観光だけでなく「住みたくなる街」、「外国人が訪れたい街」というコンセプトも掲げているようです。

最近の不動産市況を見ると、従来の別荘形態の一戸建てのほか、セカンドハウスとしてのリゾートマンションが盛況なこと、また、都心で仕事をしつつ熱海を本拠としたい富裕層による生活空間としての一戸建て、マンションの購入が見られます。

新たな熱海の試みが徐々に浸透し、快適な生活地としてのアピールが奏功している状況がうかがえます。
posted by atami at 21:24 | 熱海通信

熱海の栄枯盛衰

熱海は昔から北関東の軽井沢と並んで、一部のセレブ達の保養地として栄えた歴史があります。
1924年の国鉄熱海駅開通、1934年の熱海〜函南間の丹那トンネル開通に後押しされるように、大衆の温泉地として大きく栄えました。

ところがバブル崩壊とともに、国道135号線沿いを賑わせていた大型旅館が相次ぎ廃業、閉鎖し、一時は復活は難しいとの声も聞かれました。

バブル崩壊を通じて、不動産価格は適正レベルへの是正、一部エリアでは適正レベルを大きく下回るまで価格調整がなされたため、不動産本来が持つ資産価値に着目される機運が高まり、熱海の再評価がされるようになったのです。
posted by atami at 21:22 | 熱海通信

熱海の復活

熱海といえば、つい先日までは「廃れた温泉街でしょ?」というイメージだったかもしれません。

しかし、熱海は見事な復活を遂げたのです。

<熱海の魅力レポート>


もともと、国内有数の温泉量を誇る上、豊かな自然と都心からのアクセスしやすさが注目され、旧温泉街跡地には雨後の竹の子のように温泉付きリゾートマンションが多く建設され、それがまた好評な売れ行きを記録し続けているのです。
posted by atami at 21:16 | 熱海通信

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。